日本酒の小部屋

No.201−220


 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋へ  日本酒の小部屋メニューへ戻る  前へ  次へ

2018年12月18日
No.201: 雪男 本醸造
 ゆきおとこ ほんじょうぞう
雪男 本醸造 review
 新潟県の青木酒造というところがつくる「雪男」本醸造。 300mlの小びん入り。

 外観は透明で曇りなし。
 香りはすっきりとピュア。麹香などはほとんど感じない。
 味わいは淡麗で繊細。甘味はほのか。後味はすっきりとキレがある。
 アルコール分:15度。原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール。精米歩合65%。 青木酒造株式会社、新潟県南魚沼市塩沢1214番地。
 淡麗辛口の見本のようなお酒。ただ飲みやすいだけでなく、しっかり旨みがある。
製造者:青木酒造(株)
2019年1月12日
No.202: 春鹿 純米吟醸
 はるしか じゅんまいぎんじょう
春鹿 純米吟醸 review
 ラベルに鹿のイラストがある、その名も「春鹿」の純米吟醸。300mlの小瓶入り。

 外観は透明で曇りがない。
 ふわっと甘く、柔らかな麹香が広がって、ややフルーティ。
 味は甘味がほんのりとあるが、すっきり淡麗。大人しい吟醸香。 辛口の部類ではあるが、丸みのある味わい。
 アルコール分:15度。原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)。精米歩合60%。
 春鹿は、奈良の蔵元で、当サイトでもかなり前に掲載している「超辛口」が有名。 この製品について検索したが、そのものズバリの情報がみつからなかったので、原料米や日本酒度等の詳細は不明。
製造者:(株)今西清兵衛商店
2019年2月3日
No.203: ワンカップ大関 純米 にごり酒 <季節限定>
 わんかっぷおおぜき じゅんまい にごりざけ <きせつげんてい>
ワンカップ大関 純米にごり酒 review
ワンカップ大関 純米にごり酒
 ワンカップ大関の季節限定「純米にごり酒」。てっきりもう取り上げていると思っていたら、未掲載だった。

 冷蔵庫から出した状態では、当然濁りは沈殿している。ひっくり返して混ぜると、 白色絵の具の溶き水のような色。
 香りは、穏やかで甘い。
 とろっとした口当たりと舌触りで、優しい甘さ。 当然、粉っぽい感じはあるものの、のどごしはなめらかで、飲みやすい。 アルコール感はだいぶ弱い感じだ。
 アルコール分:11度以上12度未満。原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)。精米歩合78%。
 純米ならではのふくよかな甘みとなめらかな口あたりが特長です。
 冷やしすぎないで、室温くらいで飲んだほうが、良さを一番感じられるかもしれない。
製造者:大関(株)
2019年2月10日
No.204: ワンカップ大関 大吟醸
 わんかっぷおおぜき だいぎんじょう
ワンカップ大関 大吟醸 review
 これまでにも何度か飲み、既に取り上げているとばかり思っていたが、未掲載だった。
 ワンカップ大関のプレミアムラインである「大吟醸」。

 外観は透明で曇りはない。
 香りはあまり強くは立たず、吟醸香もそんなに目立っていない。すっきりした味わいが想像される。
 ところが、口に含むと、メロンのような甘さを伴う青臭さが少しあり、 大吟醸らしさを感じる。甘さは弱く、すっきり淡麗。パンチが弱く、飲みやすい。
 アルコール分:15度以上16度未満。原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)、醸造アルコール。精米歩合50%。

 超特撰 ワンカップ大吟醸
 丹波杜氏伝承の技のもと、厳選された酒米を50%まで磨き、低温で約一ヶ月、ゆっくりと発酵させて造りました。 創業当時から脈々と受け継がれてきた、酒造りの「技」と「心」の逸品です。 フルーティーな吟醸香と、淡麗辛口の品格ある味わいをご堪能ください。
 冷酒でも、常温でもおいしくめし上がりいただけます。おすすめの温度は10度から15度くらいです。
 近所のスーパーやコンビニでわりと手軽に入手できるので、夕食にちょっといい刺身などを食べたい時には重宝する。
製造者:大関(株)

 HOME  ビール・発泡酒・チューハイの部屋へ  日本酒の小部屋メニューへ戻る  前へ  次へ