利酒日記 kikizakenikki

2018年05月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2018年5月9日 ROUGE
CHÂTEAU FONTESTEAU / BORDEAUX
シャトー・フォンテストー / ボルドー
VINTAGE:2001
Ch. Fontesteau 01 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区: HAUT-MEDOC
オー・メドック
AOC: HAUT-MEDOC
オー・メドック
生産者: CH. FONTESTEAU 輸入者: (株)アンフィニー
review
 百貨店で試飲をし、納得をして購入したもの。
 店頭で目的なく見て回っていたところ、「何かお探しですか?」と声を掛けられ、 「特に何という目的はないが、値段に比べてお買い得なものがあれば」と話すと、 それではと紹介されたのが、これ。
 2001年ビンテージのオー・メドックで、under3K。 味をみて、確かにお得と感じたので、購入。

 外観はかなり枯れた感じのガーネット色。エッジはオレンジ色。
 香りは土っぽいきのこ(トリュフ)に黒果実。かなり枯れた印象。
 味は香りの印象ほど古ぼけてはおらず、梅のような酸が立っている。 若干の丸みがあり、口の中で香りに感じた土っぽさや薬草の風味も広がる。

 こうして改めて飲んでみると、ボディにそんなに厚みがなく、やや固い印象。 01年という、あまり良いヴィンテージではないことも関係あるのか、 熟成が足りないというよりは、元々そんなに力のあるワインではないようだ。
評定: B 価格 2,855円(本体価格2,644円+消費税211円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)
2018年5月13日 ROSE  
YOSEMITE ROAD SPARKLING ROSE
ヨセミテ・ロード スパークリング・ロゼ
VINTAGE: N.V.
Yosemite Road Sparkling Rose AMERICA
アメリカ
州: CALIFORNIA
カリフォルニア
地区:
 
AVA:
 
セブン&アイグループ開発商品 輸入者: メルシャン(株)
review
 セブン&アイグループで売られているオリジナルワイン Yosemite Road のスパークリング・ロゼ。
 今日これを選んだ理由は、夕食メニューが青椒肉絲と麻婆豆腐というお手軽中華メニューのため、 ぜひ冷えたロゼスパークリングを調達してこようと思ったからである。 急遽セブンイレブンに行き、買ってきたのだ。

 外観は淡いオレンジというか、サーモンピンク。
 香りは、いちごのような優しいベリー香に、少しだけ酸の尖りが加わった感じ。 酵母臭とか複雑さは皆無である。
 味は甘味が弱く、適度な渋味もある。甘さを控えたというよりは、 果実味がないから甘味もないといった感じ。 コクは乏しく、軽快にすいすい飲める。

 地域区分を カリフォルニア としているが、実際はカリフォルニア産ワインを輸入し、 国内で炭酸を添加して製造したものと思われる。
 本当は瓶内二次醗酵のカヴァを買ってこようと思ったのだが、スーパーで冷えたものがなく、 すぐ飲めるようにコンビニに寄って冷えたこのワインを入手した次第。 明らかに品質はそれなりだが、値段も安いから仕方ない。
評定: C- 価格 360ml入494円(本体価格458円+消費税36円) 購入店: セブンイレブン

本日までで・・・今月合計2本/今年合計17本/当日記累計1819本
今月のワイン投資額・・・3,349円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ