利酒日記 kikizakenikki

2018年12月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2018年12月4日 ROUGE  
BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU 2018 / DOMAINE DU CLOS DU FIEF
ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2018 / ドメーヌ・デュ・クロ・デュ・フィエフ
VINTAGE:2018
Clos du Fief Beaujolais-Villages Nouveau 2018 FRANCE
フランス
地方: BOUROGOGNE
ブルゴーニュ
地区: BEAUJOLAIS
ボージョレ
AOP: BEAUJOLAIS
ボージョレ
生産者: DOMAINE DU CLOS DU FIEF (MICHEL & SYLVAIN TETE) 輸入者: (株)ヴァンパッシオン
review
 今年買った新酒の中では、これが一番高級。
 over 3K(3千円超)のヴィラージュだ。ビオらしいが、私は基本的にどうでもいいと思っている。

 外観はくすんだ紫色。やや青みが強く、若そうには見えるが、基本的に今年は濃い。
 香りは、これまでに飲んだ今年のどの新酒よりもフレッシュでフルーティな香りと、 蒸かし芋みたいな若さを感じさせる香りがある。
 口当たりは酸が立って、ジューシーだが、甘さもしっかりとある。タンニンは無論なめらか。 ホットなアルコール感があって、味わいは香りの印象ほど若くない。

 ヴィラージュらしいコクが感じられたものの、酸を中心にキュートにまとめられていた。 今年は天候が良かったと聞いているから、もっと赤ワインっぽい強さがあるのかと想像していたが、 あえて可憐さを残すように仕立てるのが、造り手の腕の見せ所なのかも知れない。
評定: A 価格 3,672円(本体価格3,400円+消費税272円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計1本/今年合計34本/当日記累計1836本
今月のワイン投資額・・・3,672円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ