利酒日記 kikizakenikki

2019年01月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2019年1月10日 ROUGE
MAISON CASTEL MERLOT / PAYS D'OC
メゾン・カステル メルロー / ペイ・ドック
VINTAGE: 2015
Maison Castel Merlot 15 FRANCE
フランス
地方: LANGUEDOC
ラングドック
地区:
 
IGP: PAYS D'OC
ペイ・ドック
生産者: MAISON CASTLE 輸入者: サントリーワインインターナショナル(株)
review
 近所のスーパーで購入した南仏のメルロー。さほど期待しないで臨む。

 外観は深い青紫色。べたっと濃く、非常に若い印象。
 香りはカシスやブルーベリーなど甘酸っぱく深いベリー香に、若干薬草のニュアンス。
 味はチョコのようなコクのある甘味で、果実味も豊か。しっかりしたタンニン。 しかし、ニューワールドほどのボディ感はなく、それがかえってエレガントな印象を与えている。 酸は穏やかで、バランス良し。

 期待などしていなかったが、U1K(千円未満)でこの内容なら、十分すぎる。
評定: B 価格 915円(本体価格848円+消費税67円) 購入店: ダイエー(スーパー)
2019年1月12日 ROUGE
CALVISSON LES VIGNERONS CABERNET SAUVIGNON / PAYS D'OC
カルヴィソン・レ・ヴィニュロン カベルネ・ソーヴィニヨン / ペイ・ドック
VINTAGE: 2017
Calvisson les Vignerons Cabernet Sauvignon 17 FRANCE
フランス
地方: LANGUEDOC
ラングドック
地区:
 
IGP: PAYS D'OC
ペイ・ドック
生産者: CALVISSON LES VIGNEROS 輸入者: (株)ボンド商会
review
 ゴールドのエチケットが印象的な1本。南仏のI.G.P.ペイドックのカベルネ。

 外観は濃い青紫で、エッジはピンク色。非常に若い色と言える。
 香りを嗅いでも、やはり若さを感じる。ツンと香り立つようなアルコールのボリューム感が、やや荒っぽく迫る。 赤果実の甘酸っぱさに、カベルネらしい土っぽさも混じる。
 味は酸が先行。見た目や香りの印象ほど荒々しくはなく、タンニンがとてもしなやか。 ボディ感や甘味は弱く、良く言えば上品。

 安っぽい言い方をしてしまえば、飲みやすいワイン。新世界などと違い、若いからといって粗暴な味ではない。 千円で南仏を選んで、得したと感じるのは、こういうワインに出会った時だ。
評定: B 価格 1,080円(本体価格1,000円+消費税80円) 購入店: いかりスーパーJR大阪店(大阪市北区)
2019年1月14日 ROUGE  
BALDUZZI CARMENERE RESERVA / MAURE VALLEY
バルダッジ カルメネール レゼルヴァ / マウレ・ヴァレー
VINTAGE: 2014
Balduzzi Carmenere 14 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・ヴァレー
地区: MAULE VALLEY
マウレ・ヴァレー
DO: MAULE VALLEY
マウレ・ヴァレー
生産者: BALDUZZI VINEYARDS 輸入者: (株)イナブコトレーディング
review
 チリ MAULE VALLEY の BALDUZZI という造り手のカルメネール。ハーフボトル。

 外観はくすんだ青紫。エッジはややオレンジ色に移行しつつある。
 香りはチョコ、漢方薬など、カルメネールらしい甘さと濃さ。
 味は甘味が強いものの酸の存在感もある。香りに感じた漢方薬あるいは煎じ薬みたいな香味が広がる。 タンニンはしっかり強い。

 2014年ヴィンテージだが、まだ十分若々しく、パワフルな1本であった。
評定: C+ 価格 ハーフ790円(本体価格732円+消費税58円) 購入店: いかりスーパーJR大阪店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計3本/今年合計3本/当日記累計1842本
今月のワイン投資額・・・2,785円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ