利酒日記 kikizakenikki

2019年10月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2019年10月6日 ROUGE
CHÂTEAU LE PRÉ DU MOINE / BORDEAUX
シャトー・ル・プレ・デュ・モワンヌ / ボルドー
VINTAGE: 2016
Ch.le Pre du Moine 16 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. LE PRE DU MOINE 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 成城石井で売られていた、デイリーボルドーと呼ぶにふさわしい廉価ワイン。 9月中に買ったため、税率8%であった。

 外観は濃い青紫。エッジはピンク色で、非常に若々しい印象。
 香りはリコリスのようなハーブ香が、すうーっと立ち、ベースに果実香があるものの大人しい。
 味はまるで柑橘のように尖った酸がとても強く、シャープな導入部。 赤ベリーっぽい果実味。粗いタンニン。香りの印象どおり若いことがわかるが、 ポテンシャルはありそうだ。

 やはり大きな期待は禁物。まだ若いということもあり、もう少し時間が経てばこなれてはくるだろうが、 元々非力であることは否めない。
評定: C 価格 1,177円(本体価格1,090円+消費税87円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)
2019年10月7日 ROUGE
CHÂTEAU DU RAGON / BORDEAUX
シャトー・デュ・ラゴン / ボルドー
VINTAGE: 2018
Ch. du Ragon 18 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. DU RAGON 輸入者: (株)日本アクセス
review
 コンビニのファミリーマート限定商品として店頭に並んでいたボルドー。 こんな値段で果たして中身はどうだろう?という純粋な興味で購入した。

 外観はやや青みの強い濃いめのルビーで、エッジはピンク色。若いということもあるが、ボルドーらしからぬ色という感じ。
 香りは黒果実をベースに皮革のようなニュアンスがあり、その点はボルドーらしいが、 あまり重たさは感じない。
 口に含んだ最初のアタックは、酸がとても鋭い。タンニンも粗く、暴れた感じ。 バニラの風味が少しあるが、厚みはない。全体的に粗暴で、単に若すぎるというだけでなく、 そもそも非力なワイン。

 9月中に購入したため、消費税は8%。フルボトル換算すると、本体価格は千円を超えているので、激安というほどでもない。 コンビニ商品としても、もう少し頑張って欲しい。LAWSONはもうちょっと高C/Pだ。
評定: D 価格 500ml入り783円(本体価格725円+消費税58円) 購入店: ファミリーマート(コンビニ)
2019年10月10日 ROUGE  
CASA SUBERCASEAUX CABERNET SAUVIGNON
カーサ・スベルカソー カベルネ・ソーヴィニヨン
VINTAGE:2018
Casa Subercaseaux Cabernet Sauvignon 18 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: CONCHA Y TORO 輸入者: メルシャン(株)
review
 コンビニLAWSONで以前から売られている格安チリ CASA SUBERCASEAUX のカベルネ。

 外観は透過性のある淡いルビー色。やや青みが強く、若そう。
 香りはインクや鉛筆の芯みたいな匂いが強いが、ベースには黒果実香がある。
 味はチェリーのような酸のアタックが強く、やや軽い印象。 ジューシーかつ少し丸みのある果実味を伴う。タンニンはしなやかというか、あまりパワーを感じない。

 以前に飲んだ時には、もっとどっしり感があり、ボルドーに近いようなスタイルだったのだが、 今回は若すぎるからなのか、重みを感じなかった。しかし、値段を考えれば、十分な内容と言える。
 ちなみに、10月に入ってから購入したので、消費税率は10%。 それでも、キャッシュレス決済で2%還元を受けたため、実際の支払は574円である。
評定: C+ 価格 585円(本体価格532円+消費税53円) 購入店: LAWSON(コンビニ)

本日までで・・・今月合計3本/今年合計38本/当日記累計1877本
今月のワイン投資額・・・2,545円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ