利酒日記 kikizakenikki

2019年11月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2019年11月2日 ROUGE
CHÂTEAU FRANC COUPLET CUVÉE PRIVILÈGE / BORDEAUX
シャトー・フラン・クプレ キュヴェ・プリヴィレージュ / ボルドー
VINTAGE: 2016
Ch. Franc Couplet Cuvee Privilege 16 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. FRANC COUPLET 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 スーパー成城石井で入手したお手軽ボルドー、CH.フラン・クプレの16年VT。

 外観は深い青紫。エッジは明るいピンク色。およそボルドーとは思えぬ、そして若そうな色。
 但し、香りを嗅ぐと、皮革や土のニュアンスがあり、やはりボルドーのメルローらしい雰囲気が伝わってくる。 落ち着いた黒果実香や、少しチョコのニュアンスもあり、どっしり感がある。
 タンニンがしっかりと力強いが、少し滑らかにはなっている。酸がジューシーでキュート。 やや埃っぽさを伴うブラックチェリー的な果実味+豊かなバニラ香も。

 最初、色を見たとき、はずれたかな?と思ったのも束の間、香りの複雑さ、味わいのどっしり感はさすがと感じた。 コストパフォーマンスは高い。
 フランス語を学んだことがない方は、FRANC と書いて、なぜ フラン なのかと不思議だろうが、 最後の1文字は読まないことが多い(例外もある)と覚えておくといい。 雑貨やインテリアのお店として人気の Francfranc は、ご承知の通り、フランフランだ。 ちなみに同社はフランス発祥でもなんでもなく、純粋な日本企業だそうだが。
評定: A+ 価格 1,529円(本体価格1,390円+消費税139円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)
2019年11月12日 SPARKLING
CIDRE NOUVEAU SPARKLING 2019 / NIKKA
シードル ヌーヴォ スパークリング 2019 / ニッカ
VINTAGE: 2018
NIKKA CIDRE NOUVEAU SPARKLING 2019 つがるリンゴ JAPAN
日本
地方:
 
地区:
 
AOC:
 
生産者: ニッカウヰスキー(株) 販売者: アサヒビール(株)
review
 ニッカシードルの冬季限定 "NOUVEAU SPARKLING つがるリンゴ"。毎年この時季に出ているもの。 今年の発売日は、11月6日であった。

 グラスに注いだ液色は、ごく淡い麦わら色。気泡は非常に細かく、グラスの中を断続的に立ち昇る。
 香りは、キリッとシャープなりんご香。酸味が強そう。
 味は香りの印象どおり、一口目でははっきり酸を感じるものの、甘味も弱くはない。 りんご本来の甘みであり、あくまでも自然な味わい。
 アルコール分2%。原材料:リンゴ(日本産)/炭酸、リンゴ酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)。
 2019年に収穫した「つがるリンゴ」のみで醸造した新酒のスパークリングワインです。
 販売者:アサヒビール株式会社、東京都墨田区吾妻橋1-23-1。製造場:ニッカウヰスキー株式会社、青森県弘前市大字栄町2-1-1。
 昨年の製品との違いはほとんど感じなかった。同じ品種を用い、同じ製法で造っていると思われるが、 原料果実の状態などで味は変わるはず。実際、過去には微妙な味わいの違いに気づいた年もあった。
評定: B 価格 200ml入り283円 購入店: 関西スーパー(スーパー)
2019年11月15日 ROUGE
CASILLERO DEL DIABLO CABERNET SAUVIGNON RESERVA ESPECIAL / CONCHA Y TORO
カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン レゼルヴァ・エスペシアル / コンチャ・イ・トロ
VINTAGE: 2018
Casillero del Diablo Cabernet Sauvignon Reserva Especial 18 CHILE
チリ
地方: CENTRAL VALLEY
セントラル・ヴァレー
地区: MAULE VALLEY
マウレ・ヴァレー
DO: CAUQUENES
カウケネス
生産者: CONCHA Y TORO 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 今年の6月に、2017年ビンテージ を飲んでいる、 カッシェロ・デル・ディアブロ「レゼルヴァ・エスペシアル」カベルネ・ソーヴィニヨン。その2018年ヴィンテージだ。

 外観は、非常に濃い青紫。べたっと均一な色で、いかにも若そう。
 香りは、こっくりと深い。見た目よりは落ち着いている。黒果実、黒コショウ、土っぽさも。 グラスを回すと、さらにトリュフのような土臭さが際立ってくる。
 香りの落ち着きに反し、口に含んでみると、やはり若さが目立つ。 酸がとてもシャープで、暴れた感じ。但し、甘味も強く、タンニンもざらついている。 墨汁のような、少しすーっとした風味が感じられるところが、チリカベらしいかもしれない。

 前回飲んだ2017年ものと比べると、重たさや落ち着きに掛ける部分がある。若いから仕方ないのか、 それともこの年はこういう仕上がりなのか、現段階では評価に迷う。だがしかし、 この値段でこの内容なのは、驚嘆すべきことである。1000円台のワインを飲んでいるのに、 いつしか3000円台のワインに対するようなダメ出しをしてしまう。
評定: A 価格 1,408円(本体価格1,280円+消費税128円) 購入店: やまや小曽根店(大阪府豊中市)
2019年11月16日 ROUGE  
VINO EN CASA CABERNET SAUVIGNON / CHILE
ヴィノ・エン・カーサ カベルネ・ソーヴィニヨン / チリ
VINTAGE: N.V.
Vino en Casa Cabernet Sauvignon CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
ボトリング: マンズワイン(株) 販売者: (株)成城石井
review
 スーパー成城石井で扱われているオリジナルチリワイン VINO EN CASA。 直訳すると「家のワイン」といった意味で、つまりは自宅で気軽に飲んでほしいデイリーワインということだろう。
 裏ラベルには、販売者:(株)成城石井、ボトリング:マンズワイン(株)と書かれている。 どういう形でどんなワインをチリから輸入したのかわからないが、 とりあえずチリでカベルネ・ソーヴィニヨンからつくられた赤ワインを輸入し、日本のメーカーであるマンズワインが瓶詰めしたということ。 産地も生産者も生産年もわからない。というか、とりどり色んなワインを日本でブレンドした可能性大だが、 セパージュ(品種)だけはカベルネ限定だ。
 この表記を見ていたから、当初は買う気が起きなかった。だが、成城石井さんのことであるから、 そんなに変なことはしないだろうと信頼して、一度買ってみることにした。

 外観は、深い赤紫。一般的に言うルビー色ほど赤くなく、ガーネット色というほど褐色がかってもいない。 ただ、エッジにはややオレンジが入っているようにも見える。あれっ?意外とちゃんとしているじゃないか。 まずはそういう小さな驚きがある。
 香りは、いかにもチリカベ。絵の具やインク、墨汁っぽいスゥーッとした匂いなどあり、 ベースにはしっかり黒っぽい果実香。
 味はプルーンのような黒ベリー味で、酸味が際立つ。そこに煎じ薬の香味と、少しチョコの甘さ。 懸念したほど単調ではなく、ある程度酸のテンションを保った味わい。

 飲む前にバカにしていたことを、少し恥じた。この値段でこの内容なら、瓶詰めされたプロセスがどうあろうと、 十分納得。日常の食卓にこのレベルのワインがいつもあれば、食事が楽しくなる。 もちろん、一流の深みや飲みごたえなど求めるのは無理。確かにチリカベだな・・そうはっきりと感じられるだけでも、 買って損はない。
評定: A 価格 ハーフボトル649円(本体価格590円+消費税59円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計4本/今年合計46本/当日記累計1885本
今月のワイン投資額・・・3,869円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ