利酒日記 kikizakenikki

2020年03月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2020年3月8日 ROUGE
SAUVIGNON BLANC NOUVEAU / VIN DE FRANCE
ソーヴィニヨンブラン・ヌーヴォー / ヴァン・ド・フランス
VINTAGE: 2019
Sauvignon Blanc Nouveau 19 FRANCE
フランス
地方:
 
地区:
 
VIN DE FRANCE
ヴァン・ド・フランス
生産者: -(成城石井開発商品) 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 スーパー成城石井で扱われているフランス産ソーヴィニヨンの2019年新酒。
 ボトルに生産者に関する情報がまったくないため、詳細は分からない。

 外観は淡いイエローグリーン。
 香りはパインのような甘さと、レモンのような酸を感じさせるシャープさが共存。
 口に含むと、最初ははちみつ的な甘さを感じるが、香りの印象どおり、柑橘の酸味もあって、キレが良い。 さらっとしてまさにフレッシュな飲み口。

 コクやパワーはハッキリ言ってないが、軽やかさを楽しむべきワインだ。
評定: C 価格 1,089円(本体価格990円+消費税99円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)
2020年3月10日 SPARKLING
CONO SUR SPARKLING BRUT / BIO-BIO VALLEY
コノ・スル スパークリング・ブリュット / ビオ・ビオ・ヴァレー
VINTAGE: N.V.
Cono Sur Sparkling Brut CHILE
チリ
地方: BIO-BIO VALLEY
ビオ・ビオ・ヴァレー
地区:
 
DO: BIO-BIO VALLEY
ビオ・ビオ・ヴァレー
生産者: VINA CONO SUR 輸入者: (株)スマイル
review
 今年の初めから飲み進めている、コノ・スル12種12本セット。ネットで購入し、送料込・税込で12,650円だった。
 これまで、シャルドネスパークリング・ロゼリースリングソーヴィニヨン・ブランメルローカベルネ・ソーヴィニヨンピノ・ノワールカルメネールヴィオニエシラー と飲み進めてきたが、 これが11種めとなる「スパークリング・ブリュット」。

 外観は淡いイエローグリーン。 泡は非常にきめ細かく、グラスの中を美しく断続的に立ち昇っている。
 香りは、グレープフルーツのようなシャープな柑橘香が主体。 あまり酵母臭はせず、複雑さはない。特に「伝統的製法」などの表記はないが、裏ラベルに「中身成分が沈殿することがありますが、 自然の酵母ですのでご安心ください」との注意書きがある。
 味は香りの印象どおり、キリッとした口当たりで、苦味を伴う。甘さはほぼない。 味気ないと感じてしまうくらいにシャープで、余韻は短かめ。

 品種は、CHARDONNAY、PINOT NOIR と書かれており、また、ボトル形状の優美さもあり、 とても本格的な高級感を漂わせている。
 但し、中身はシャンパーニュのような高価なワインとは違い、日々の食事に合わせて気軽に飲みたいカジュアルなものである。
評定: B 価格 12本セット12,650円(1本あたり1,054円相当) 購入店: リカーショップ LE COLLIER(JRE MALL
2020年3月14日 ROUGE
LA CHAPELLE DES CHEVALIERS / BORDEAUX
ラ・シャペル・デ・シュヴァリエ / ボルドー
VINTAGE: 2017
La Chapelle des Chevaliers 17 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOC: BORDEAUX
ボルドー
生産者: SICHEL 輸入者: (株)オーバーシーズ
review
 前回飲んだのがなんと2016年に 2014VTを。 そんなに経っているようには思えなかったのだが、 それもそのはず。白の 2017VTを、昨年6月に飲んでいる。 赤は4年以上飲んでいなかったわけだが。
 カルディコーヒーファームで継続的に売られている LA CHAPELLE DES CHEVALIERS の 2017VTである。

 外観は、暗いガーネット色で、かなりどっしりとした印象。
 香りは梅や干しぶどうなど、酸味を感じさせる香りが強く、その他木材のニュアンス。 グラスを回すと、少しトリュフっぽい土臭さや、バニラ香が立つ。
 口に含むと、一層土臭い感じが広がるのだが、ボディ感があまりなく、さらっとスリム。 タンニンは非常に滑らか。酸は香りの印象ほど強くなく、大人しい。 飲み込んだ後、バニラっぽい余韻が残る。

 Ch.パルメを所有する一族の作ということで、ラベルは非常に高級感がある。 そのイメージで飲むと、若干がっかりするのだが、素性の良さのようなものは感じる。 価格が価格だけに、こんなものだろうか。
評定: B 価格 1,518円(本体価格1,380円+消費税138円) 購入店: カルディコーヒーファーム江坂店(大阪府吹田市)
2020年3月17日 SPARKLING
CONO SUR BICICLETA GEWÜRZTRAMINER
コノ・スル ビシクレタ ゲヴュルツトラミネール
VINTAGE: 2018
Cono Sur Bicicleta Gewurztraminer 18 CHILE
チリ
地方:
 
地区:
 
DO:
 
生産者: VINA CONO SUR 輸入者: (株)スマイル
review
 今年の初めから飲み進めている、コノ・スル12種12本セット。ネットで購入し、送料込・税込で12,650円だった。
 これまで、シャルドネスパークリング・ロゼリースリングソーヴィニヨン・ブランメルローカベルネ・ソーヴィニヨンピノ・ノワールカルメネールヴィオニエシラースパークリング・ブリュット と飲み進めてきたが、 これが最後となる「ゲヴュルツトラミネール」。

 外観は輝きのある黄金色。
 香りを嗅ぐと、ゲヴュルツらしく、はっきりとライチの香りがある。さらにパインのような厚みのある甘い香りも。
 味はトロピカルな甘さに丸い酸。かすかに炭酸のような刺激がピリピリ舌に感じられる。 かなりボリュームのある味わいながら、ぼやけたところがなく、高いテンションを保った上品な味わい。 フレッシュな酸が生きているからだ。

 12種飲んでみて、ガッカリしたものは1本もなかった。とてもお買い得だった。
評定: A 価格 12本セット12,650円(1本あたり1,056円(端数調整分含)) 購入店: リカーショップ LE COLLIER(JRE MALL
2020年3月21日 ROUGE
CASILLERO DEL DIABLO SYRAH RESERVA ESPECIAL / CONCHA Y TORO
カッシェロ・デル・ディアブロ シラー レゼルヴァ・エスペシアル / コンチャ・イ・トロ
VINTAGE: 2018
Casillero del Diablo Syrah Reserva Especial 18 CHILE
チリ
地方: COQUIMBO
コキンボ
地区: LIMARI VALLEY
リマリ・ヴァレー
DO: LIMARI VALLEY
リマリ・ヴァレー
生産者: CONCHA Y TORO 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 チリ、コンチャ・イ・トロの カッシェロ・デル・ディアブロ シリーズの「シラー」レゼルヴァ・エスペシアル 2018年ヴィンテージ。

 外観は、非常に濃い青紫。べたっと均一な色で、いかにも若そう。
 香りは、プルーンやブルーベリーなど、甘酸っぱいベリー香が満載で、 若いシラーにありがちな、絵の具やプラスチックみたいな匂いも混じる。
 香りの印象からは、べたっとした甘い味が想像されるが、実際は酸のアタックがとてもシャープで、 ぼやけたところはない。可憐な酸は、なぜかガメイみたいな感じもする。 タンニンはしっかりワイルドだが、甘味は弱め。 土っぽいニュアンスもある。

 しっかりしたボディ感があるのに、ただ濃いだけではないところが、このシリーズの持ち味。 新世界のシラーで、ここまでの品やエレガントさを感じるものは少ない。
評定: A 価格 1,408円(本体価格1,280円+消費税128円) 購入店: やまや小曽根店(大阪府豊中市)
2020年3月25日 ROUGE
CHÂTEAU LA HAUTE-BRANDE / BORDEAUX SUPÉRIEUR
シャトー・ラ・オート・ブランド / ボルドー・スペリュール
VINTAGE: 2014
Chateau la Haute-Brande 14 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX SUPERIEUR
ボルドー・スペリュール
生産者: CH. LA HAUTE-BRANDE 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 BORDEAUX SUPERIEUR(ボルドー・スペリュール)だが、千円台。 期待しないで臨む。

 外観は、非常に濃い紫色で、エッジはピンク色。あまりボルドーらしくなく、 ヴィンテージのわりに若そうに見える。
 香りはブルーベリージャムのような、果実を煮詰めたような甘酸っぱさに、 若干のインクっぽい匂いが混じり、さらに木材のニュアンスも。
 口に含むと、ガシッとしたタンニンが感じられる。 味は香りの印象ほど甘酸っぱくはなく、丸くなった酸のために、穏やかな飲み心地。 パワーがあまり感じられず、非力な印象。

 これ以上は熟成しないであろうと思われる。あまりポテンシャルを感じないワインであった。
評定: C- 価格 1,419円(本体価格1,290円+消費税129円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)
2020年3月28日 ROUGE
SAUVIGNON BLANC / VIN DE FRANCE
ソーヴィニヨンブラン / ヴァン・ド・フランス
VINTAGE: 2018
Sauvignon Blanc 18 FRANCE
フランス
地方:
 
地区:
 
VIN DE FRANCE
ヴァン・ド・フランス
生産者: -(成城石井開発商品) 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 スーパー成城石井で扱われているフランス産ソーヴィニヨン。 ボトルに生産者に関する情報がまったくないため、詳細は分からない。
 今月8日に2019年ヌーヴォーを飲んだのだが、こちらは新酒ではなく、2018年VTである。

 外観は淡いイエローグリーン。
 香りはトロピカルな甘さとともに、レモンのような酸の尖りがあり、可憐な白い花みたいな繊細さも感じる。 そして、どういうわけかシャルドネみたいなフリンティな感じが少しある。
 味は丸い酸と苦味。はちみつのような甘さもあるが、甘ったるくはない。 すっきりとしたキレがある。

 以前飲んだ新酒に比べると、ぼやけたところがなく、シャープで洗練されている。 値段は同じだったが、キャラクターが少し違って面白い。
評定: B 価格 1,089円(本体価格990円+消費税99円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)
2020年3月29日 ROUGE  
CHÂTEAU DU GRAVA / BORDEAUX SUPÉRIEUR
シャトー・デュ・グラヴァ / ボルドー・スペリュール
VINTAGE: 2012
Chateau du Grava 12 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX SUPERIEUR
ボルドー・スペリュール
生産者: CH. DU GRAVA 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 重厚感のある見た目。2012年VTのボルドー・スペリュールで千円台ということで、 面白そうだから購入。

 外観は、やや枯れた感じのガーネット色で、確かに熟成しているような色。 但し、エッジは少し淡いピンク色。
 香りは見た目の印象に反して、赤果実のような少しピチピチした若さがある。 さらにアクリルやプラスチックみたいな匂いがある。
 味はやはり酸が鋭く、タンニンは弱く、あまり力がない。 さらっとしていて、余韻も短い。

 まあ、見かけ倒しというやつ。ただ、押しが弱いから上品だとは言え、 そこが新世界とは違う良さであろう。
評定: C 価格 1,529円(本体価格1,390円+消費税139円) 購入店: 成城石井三番街店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計8本/今年合計85本/当日記累計1924本
今月のワイン投資額・・・10,162円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ