利酒日記 kikizakenikki

2021年04月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2021年4月5日 ROUGE
CHÂTEAU BELLERIVES DUBOIS / BLAYE CÔTES DE BORDEAUX
シャトー・ベルリヴ・デュボワ / ブライ・コート・ド・ボルドー
VINTAGE: 2018
Ch. Bellrives Dubois 18 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区: COTES DE BORDEAUX
コート・ド・ボルドー
AOP: BLAYE COTES DE BORDEAUX
ブライ・コート・ド・ボルドー
生産者: CH. BELLERIVES DUBOIS 輸入者: 巴ワイン・アンド・スピリッツ(株)
review
 ネットでボルドーのデイリーワイン6本セットを購入した。
 JR東日本グループが運営する JRE MALL 内に出店している MASUKI というお店で売られていた 金賞受賞ボルドー赤ワインセット。6本送料込・税込6,600円という破格のセットである。
 その中から、今日飲むのは ブライの BELLERIVES DUBOIS というシャトー。

 外観はくすんだ感じのガーネット色。やや黒みが強い。 エッジは薄紫色。足がかなり長く、オイリーな印象。
 香りは黒果実を主体に、墨、土と、少し干しぶどうのような匂いもある。
 味はやや丸い酸のアタックのあと、大人しい果実味が広がる。 タンニンは柔らか。ボリューム感は今ひとつ。

 セパージュはメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベックと裏ラベルに書いてある。
 墨のようなやや黒っぽい、少し焦げたようなニュアンスが感じられたのは、マルベックの特徴だろうか。
 甘さやふくらみにやや欠けるところに限界を感じたが、値段を考えると、不満は言えない。
評定: C+ 価格 6本セット6,600円(1本あたり1,100円) 購入店: お酒とグルメMASUKI(JRE MALL
2021年4月8日 ROUGE  
CHÂTEAU SAINTE MAROTINE / BORDEAUX
シャトー・サント・マロティン / ボルドー
VINTAGE: 2018
Ch. Ste.Marotine 18 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: CH. SAINTE MAROTINE 輸入者: 三国ワイン(株)
review
 ネットで購入した ボルドーのデイリーワイン6本セットのうち、今日は2本目。
 ACボルドーの CH.SAINTE MAROTINE。

 外観はやや青みがかった紅色で、エッジは薄紫。
 香りは黒っぽいベリー香を中心に、少しコーヒーのような香りも混じる。 優しく穏やか。
 味は酸のアタックが意外にも鋭いが、その後控えめで滑らかな甘みを感じる。 押しが弱く、やや平板。反面、タンニンは少し粗くて粉っぽい。

 ややまとまりに欠けるのは若さゆえか。しかし、ここから伸びるようなポテンシャルはあまり感じなかった。
評定: C 価格 6本セット6,600円(1本あたり1,100円) 購入店: お酒とグルメMASUKI(JRE MALL

本日までで・・・今月合計2本/今年合計16本/当日記累計1987本
今月のワイン投資額・・・2,200円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ