利酒日記 kikizakenikki

2022年09月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2022年9月5日 ROUGE
BV / BORDEAUX
ビー・ヴィ / ボルドー
VINTAGE: 2018
BV 18 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
DO:
 
生産者: BEAULIEU VINEYARD 輸入者: 東京ヨーロッパ貿易(株)
review
 成城石井で購入した 千円台前半のACボルドー。

 外観はやや黒みがかったガーネット色で、エッジはピンク色。 ボルドーらしい見た目だが、若そうである。
 香りは黒っぽいベリー香を中心に、甘草のような薬草っぽさ。深いアルコール感がある。
 味はまず酸のアタックがシャープで、粗いタンニンとアルコール感があって、 やはり若さを感じる。ブルーベリージャムみたいな甘さも若干あるが、 深みは感じない。

 この価格だからもともとポテンシャルはそんなにないと思うが、 荒さが少し目立ち、小さくまとまりすぎている印象もあった。
 BV を ビー・ヴィ と表記したが、仏語の音に近く書くなら、ベー・ヴェ だろう。 BV とは、もちろん造り手の Beaulieu Vineyard のことである。
評定: C 価格 1,419円(本体価格1,290円+消費税129円) 購入店: 成城石井阪急三番街店(大阪市北区)
2022年9月26日 ROUGE  
JACOB'S CREEK ORGANIC SHIRAZ CABERNET / AUSTRALIA
ジェイコブズ・クリーク クラシック シラーズ・カベルネ / オーストラリア
VINTAGE: 2020
Jacob's Creek Organic Shiraz-Cabernet 20 AUSTRALIA
オーストラリア
地方: SOUTH EASTERN AUSTRALIA
南東オーストラリア
地区:
 
GI: SOUTH EASTERN AUSTRALIA
南東オーストラリア
生産者: JACOB'S CREEK 輸入者: ペルノ・リカール・ジャパン(株)
review
 オーストラリアのJACOB'S CREEK ORGANIC シリーズの「シラーズ・カベルネ」。

 外観は輝きのある深いルビー色。エッジはピンク色で若々しい。
 香りは鉛筆の黒鉛と絵の具が混じり合ったようで、さらにブルーベリージャムのようなニュアンスと、 若干脂っぽい(オイリーな)ニュアンスも伴う。
 味は酸のアタックがシャープで、タンニンは粉っぽく、全体的に暴れた若い印象。 香りに感じたブルーベリーのような甘酸っぱい果実味が活き活きしている。 きれいにまとめようとしていない、いわば野放しみたいな味わい。

 ORGANIC だからなのか、自由奔放な感じのwine。 ある意味力が抜けているがゆえの粗暴さみたいなものを感じた。
評定: C 価格 1,419円(本体価格1,290円+消費税129円) 購入店: 成城石井梅田店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計2本/今年合計27本/当日記累計2050本
今月のワイン投資額・・・2,838円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ