利酒日記 kikizakenikki

2024年06月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2024年6月7日 ROUGE  
HORIZON DE LYNCHE / BORDEAX
オリゾン・ド・ランシュ / ボルドー
VINTAGE: 2018
Horizon de Lynch 18 FRANCE
フランス
地方: BORDEAUX
ボルドー
地区:
 
AOP: BORDEAUX
ボルドー
生産者: TURPIN FRERES ET RIOUT 輸入者: コルドンヴェール(株)
review
 千円台のボルドーは概してロクなものがないので、あまり期待してはいけないが、 エチケット(ラベル)の高級感に惹かれて購入。
 酒DSのやまやで、単体では税別1,280円。同価格帯(1,180〜1,280円)を2本で税別2,000円というセールが行われていたため、 買ってみたのだ。

 外観は黒に近い紅。かなり濃い。エッジはオレンジ〜薄茶色。熟成が進んでいるかな?
 香りは黒果実、土、ハッカ、墨などが深く、グラスを回すと薬草っぽいニュアンスが強くなる。
 味はまずタンニンのボリューム感がしっかりときて、黒っぽいベリーの風味とともに、深い甘みとコク。 タンニンは粗くなく、滑らかな舌触り。もちろん余韻も長め。

 ほとんど期待していなかっただけに、予想外の内容に驚いた。もし値段を知らないで飲んだら、 私は2,000円以上と答える。2,500円でも損はない。
 なお、LYNCH(ランシュ)という文字があるから LYNCH BAGES(5級格付 CH.ランシュ・バージュ)と関係があるのか? と思っていたが、どうやら無関係みたいである。
評定: A 価格 1,408円(本体価格1,280円+消費税128円) 購入店: やまや小曽根店(大阪府豊中市)

本日までで・・・今月合計1本/今年合計17本/当日記累計2111本
今月のワイン投資額・・・1,408円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ