利酒日記 kikizakenikki

2024年07月


 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ


2024年7月8日 CIDRE  
いろ 甲州 / まるき葡萄酒
いろ こうしゅう / まるきぶどうしゅ
VINTAGE: 2022
まるき葡萄酒 いろ 甲州 JAPAN
日本
地方: 山梨県
山梨県
地区: 甲州市勝沼町
甲州市勝沼町
GI: Yamanashi
山梨
生産者: まるき葡萄酒(株) 販売者:
review
 久しぶりに国産ワイン。山梨県甲州市勝沼町の まるき葡萄酒 による「いろ 甲州」という名の白である。
 GI(地理的表示)「山梨」と表示されている、 即ち山梨県産ぶどうを用いて山梨県内でつくられた正真正銘の「日本ワイン」である。

 外観は、極めて淡いレモン色。
 香りは、甘いニュアンスを湛えた柑橘香に、少しスーッとするミントのようなハーブ香も。
 味は樽?あるいは木材みたいな香味がオレンジ的な甘酸っぱさに加わり、 白い花のような感じもあるが、基本的にキリッと酸が立っていて、すっきりとキレがある。 強すぎない酸の余韻がほどほどに。

 裏ラベルに次のような味わいの説明がある。
 甲州種の魅力である柑橘や白桃を思わせるアロマ、爽やかな酸味とすっきりした口当たりを十分に引き出しました。 和食・洋食を問わず、幅広いお料理とご一緒にお楽しみいただけるワインです。
 香りに桃はあまり感じなかったが、柑橘だけでなく、確かに甘さはあった。 甲州種らしい繊細さで、食事の邪魔をしない懐の深さは感じられた。
評定: B 価格 1,100円(本体価格1,000円+消費税100円) 購入店: 阪神百貨店本店(大阪市北区)

本日までで・・・今月合計1本/今年合計19本/当日記累計2113本
今月のワイン投資額・・・1,100円(本日まで)



[当日記における評価基準]

 絶対評価ではなく、支払う価格に対して内容が見合っているかどうかの評定です。 例えば1,000円のwineなら、ちょうど1,000円の価値あるものがC。同様に5,000円のwineなら、 ちょうど5,000円の価値あるものがCです。

 A = 特質すべき個性。価格に比し、極めて優れたクオリティ。(とってもお買得)
 B = 非凡な特徴があり、価格を上回るクオリティ。(お買得)
 C = 概ね価格に見合ったクオリティ。(価格相当)
 D = 凡庸で特徴に欠ける。価格に比し、やや劣る。(少しもの足りない)
 E = 価格に比し、著しく劣るクオリティ。(買い損)

 なお、各ランクよりやや上回るものに+、やや下回るものに−を付けています。例えばC+とは、 若干価格を上回るクオリティを表します。また、通常の評価枠を超えた素晴らしいものにはAAランクを付与しています。

 HOME  利酒日記のメニューページへ  産地別索引へ  前月へ  翌月へ